絵画

絵画アントワーヌヴァトー「The Capricious」の説明

絵画アントワーヌヴァトー「The Capricious」の説明


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

アントワーヌヴァトーは、英雄的な哀れみでアカデミズムを拒否することを決定した最初のフランスの芸術家でした。

私たちの前には彼の勇敢な絵画の1つがあります。彼は、観客にキャラクターの感情と感情を伝えようと努めています。これは、世俗社会の代表者たちが普段歩いていた庭の作家が描いたスケッチです。

若い女性に会います。彼女は濃いエレガントなドレスを着ています。彼女の頭は誇らしげに育てられ、彼女の唇はふくよかにふくれている。女性は紳士の方を向いて、彼は彼女に非常にほのめかしている何かを話します。視聴者は、女性と彼女の紳士がこれらの問題で洗練されていることを理解しています。私たちはただの愛のゲームを見ます。この親密なシーンは、古い公園の人里離れた路地で行われます。

アーティストはヒロインを苦しめている疑問を伝えることができました。彼女は何を残したほうがいいのか、あるいは男性が彼女に伝えたいことを聞いて良いのかを決めることができません。ヴァトーは、女性と彼女の性格の反応をできるだけ正確に捉えたかったのです。彼はキャッチするのに十分難しいアラームを伝えようとしました。アーティストは完全に平凡なエピソードを完全に詩化します。夢中になって悲しみの色合いが導入され、慎重に隠されています。しかし同時に、それはすべてに感じられます。

写真の色は間違いなく興味深いものです。それは穏やかなトーンだけに基づいています。図自体では、色はかなり飽和しています。それは、ヴァトーが風景を描くために使用した色の柔らかさによって強調されています。木は半透明で、散歩するカップルのシルエットは推測されるだけです。

作曲を通して音楽のリズムを感じることができます。図の輪郭は奇抜で、細い織りの枝のパターンを持つ木の柔らかな輪郭で、色は非常に穏やかに聞こえます。それは非常に静かに聞こえる和音のようなものです。

ヴァトーは意図的に半音を使用しています。彼は抑制された感情を伝えます。構図はエレガントに構築されています。ペイントはストロークで適用されます。それらは輝き、その後わずかにちらつきます。

写真は信じられないほど叙情的です。国内のシーンは深い叙情性で描かれています。





ドラ・マール


ビデオを見る: Pavane u0026 Galliard Piano パヴァーヌとガイヤルド ピアノ (かもしれません 2022).