絵画

ボリス・クストディエフ「ライラック」による絵画の説明

ボリス・クストディエフ「ライラック」による絵画の説明



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

アーティストのボリス・クストディエフの絵は、彼の独特のスタイルの演奏によっても見分けがつきます。仕事では、彼は柔らかく明るい色を使い、白塗りを施しました。その結果、彼のキャンバスは特定の配色と珍しい構成技法で記憶されました。

クストディエフは、人間の生活のシンプルで明るいシーンを描写することが非常に好きでした:就業日、祝日、または単に素敵な日。多くの場合、彼の絵画では、作者は彼自身の人生の実際の瞬間を描写しています。 「ライラック」と呼ばれるキャンバスもそのひとつです。

見る人の目の前で、春の終わりに晴れた日の写真が落ちます。太陽光線は地球に寛大にエネルギーを与え、周囲のすべてを暖め、照らします。緑豊かな芝生、木造家屋、生垣、そしてライラックの広大な茂みは、村でしか見られない独特のきれいな香りで空気を満たします。ライラックの咲く巻き毛の花から、その行動が5月上旬に行われることは明らかです。

美しい若い女性が小さな娘を抱えて半開きの門から出てきます。こんな素敵な日は、自然の中で子供と一緒に歩く時間です。ふわふわのスカート、襟、袖が雪のように白いドレスに、控えめさと優雅さをイメージしています。女性の厚いブロンドの髪は、きちんとした束に引き上げられました。

母親の腕に抱かれた赤ん坊も、青のストライプが入った緑豊かで軽いドレスを着ています。白いボンネットが、時々炎上する春の日差しから頭を守ります。

家族は芸術家クストディエフの生活の中で大きな幸せでした。このキャンバスで、1906年に彼は愛する妻ジュリアとその小さな娘を描きました。おそらくそれが、非常に多くの感動的な感情が写真に埋め込まれている理由です。優しさ、気遣い、暖かさの気持ちは、写真を見ている人にも伝わり始めます。





日本の橋


ビデオを見る: 世界の超有名アート絵画選を徹底解説皆知っておくべきアート (八月 2022).