絵画

バレンティンセロフの絵画自画像の説明

バレンティンセロフの絵画自画像の説明


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

おそらく、すべての有名な肖像画家は、絵画のキャンバスに自分自身を何度も描いています。一部の人にとって、創造的な道はこれから始まり、最後に誰かが自分のイメージを描きました。 1880年、彼は自身の自画像を持ち、クリエイティブなキャリアをスタートさせました。そのキャリアは大きな期待が持てました。アーティスト、ヴァレンティンセロフはレーピンで自分のスキルを学んでいます。彼は生まれてから才能のある両親の家族で育ち、これは彼の芸術的能力の発達に重要な役割を果たしました。

若い画家を描いたこの絵は、キャンバスに油彩で描かれています。明確な線はなく、画像はストロークで構成されています。緑がかった灰色と明るい茶色の色合いが色の構成を支配します。アーティストは人物の性格や心の状態を表現する驚くべき能力を持っていたため、肖像画を描く際にマスターと呼ばれたのかもしれません。

キャンバス上で、視聴者はセロフの深いエメラルド色の目を見ます。これは魅力的で、多少催眠効果さえあります。彼の視線は注意深く集中しています。ご存知のように、目は人間の本質を反映することができ、アーティストは非常に複雑で物議を醸す性格を持っていました。彼のわずかにウェーブのかかったブロンドの髪は、いたずらなロックで彼の額にかかっています。

アーティストの顔は、小さなひげと、髪の毛や眉毛と同じ色の唇の上のひげの線で縁取られています。写真の右隅からキャンバスに光が当たります。これは、彼の鼻のまっすぐで正しい線を強調します。セロフの唇はしっかりと圧縮されています。これは、複雑で物思いに沈んだ創造的な人物の特徴です。

彼自身の自画像を書くことは、セロフのために、彼自身の方法で、スキルのための個人的な試験でした。彼は自分の外見を深く分析し、彼を批判した。この結果、アーティストは鏡に映った自分の正確な反射をキャンバスに転送しました。





クレイジーの写真


ビデオを見る: 顔を描く練習 (六月 2022).