絵画

ニコライ・ラコフの絵画「ベリーの女の子」の描写

ニコライ・ラコフの絵画「ベリーの女の子」の描写


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

N.E. Rachkovの作品には、ロシアの魂のイメージと人々のアイデンティティが具体化されていました。彼の絵画は深い哲学的な意味で満たされています。

「ベリーの女の子」という絵は、その開放性が際立っています。これはロシアの少女の驚くべき肖像画です。女の子はベリーを試してみると申し出ます。アーティストは陰謀をリアルに伝え、それが現実感を生み出したので、森の贈り物に手を差し伸べてみたいと思います。開いた子供っぽい顔は良さと愛情を醸し出しており、純真さと純真さが読み取られています。

とても世間知らずなのは子供たちであり、彼らは他の人を別の信頼できる方法で見ています。これは、成人ではしばしば欠けています。女の子は無関心に治療したいのですが、見返りに何も要求しません。大きく開いた目は魂を開き、無関心のままでいることは不可能です。まるで女の子が心を覗き込んで悪行を恥じているかのようで、いいことをしたい。子供の手がベリーとカップをしっかりと持っています。これは労働の価値を象徴し、小さな子供はそのような労働によって彼女に与えられた果実を落とすことを恐れています。

そのような小さな女の子で、人生の多くの理解がどこから来たのか、価値観の正しい評価のようです。赤ちゃんの首のビーズは彼女をとても飾っています。彼女はまだ小さいですが、ドレスアップが大好きです。まるで女の子がベリーを試してみるように提案し、彼女があなたに話しているように、口は半分開いています。この鋭い視線から隠すことは不可能です。

彼の絵画で、アーティストはロシアの魂の純粋さ、開放性を示しました。女の子のイメージでは、すべてが調和し、服、外観、ジェスチャーが調和しています。清楚でウブな生き物、大人になりたい女の子。当時の子供たちはよく働き、幼い頃には労働の価格を理解していました。このようなクリーンなイメージは、人々に善行を迫る。現代の世界にはとても親切が欠けており、写真を見ると、魔法のように純粋な別の時間に戻ります。





アイバゾフスキー氷山