絵画

ポール・ゴーギャンの絵画「スティル・ライフ」の解説

ポール・ゴーギャンの絵画「スティル・ライフ」の解説


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ポールゴーギャンはパリ出身ですが、彼はペルーで育ちました。このエキゾチックな国は彼に熱帯地方に対する感情と愛情を与えました。彼は非常に成功した証券取引業者として知られていました。絵画は彼の職業ではなく、趣味でした。しかし、次の経済危機が発生したとき、彼は新しい職業を習得するようになりました。

19世紀の終わりは、多くの静物画の期間でした。彼は古典とルールから完全に離れました。完全な思慮の欠如を見ることができます。ランダムなプロットがすぐにキャンバスに転送されます。オブジェクト、光と影の遊びに十分な注意が払われています。

手前には明るい水差しがあり、その前にはさまざまな果物がいっぱい入った皿があります。テーブルはミルク色のテーブルクロスで覆われていて、まるで水差しと合体するかのように、プレートの色調が立っています。

テーブルには、すべての果物とは別にエキゾチックな果物があり、食欲をそそるように書かれた梨とは色が異なります。画像は、色のコントラストの顕著な組み合わせで描かれています。プレートに横たわっている黄色の洋ナシは、テーブルの冷たい背景に対してはっきりと目立ちます。

アーティストは、ボリューム、シャドウ、ハイライト、反射を非常に微妙に強調しています。これらすべての小さなことは、作者によって非常にうまく練られています。単純なオブジェクトは異常な前立腺に、そしてそれとともに美しさで表現されているようです。果物が描かれており、写真の中で重要な位置を占めています。果物はかなり重く、色が強調されています。彼らはこの作品の輝点です。

ゴーギャンは、仕事に対する誠実な態度について語り、思考の表現として自然を模倣することではなく、絵画を要求する。彼はテーブルの上の果物だけより深い静物について説明します。同時に、写真のアーティストは彼の芸術、創造する能力を示しています。

想像力を最前線に置く見事な教師として創造すること。静物画について語る彼は、絵画に投資し、夢を色に変え、世界を全体像として捉えることに移りました。





ロマディンのクメレフカビレッジの写真


ビデオを見る: 教科書には載っていない美術と芸術の違いとは (六月 2022).


コメント:

  1. Lippi

    このことで、何かが素晴らしいアイデアであるため、私たちは維持しています。

  2. Johnston

    よくやった、あなたのアイデアは素晴らしいです



メッセージを書く