絵画

イリヤ・レピンの絵画「トゥルゲーネフの肖像」の描写

イリヤ・レピンの絵画「トゥルゲーネフの肖像」の描写


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ポートレートが最も複雑なジャンルであることは偶然ではありません。画家の仕事は、最初に思われるほど簡単ではありません。顔の特徴やその他の重要な詳細を正確に伝えるだけでなく、創造は真の傑作でなければなりません。肖像画が彼になるのは、写真を見たときに彼女のヒーローの最大限の活気を感じた場合だけです。

レーピンはそのような珍しい才能を持っていました。彼は人の感情、彼の魂、そしてほんのわずかな感覚を伝えることができました。

この意味でのツルゲーネフの肖像は本当にユニークです。その主な特徴は、暗い色調が優勢であることです。これは非常に深刻な性格の男性がいることを示唆しています。

まず、視聴者は作家の顔に注目します。彼の目には信じられないほどの穏やかさが読める。彼らは悲しみ、絶対的な自信、特別な悲しみに満ちています。額が開いている状態で、特徴的なしわに気づくことができます。彼らは、作家は多くのそして一生懸命考えていると言います。

この鮮やかな外観を補完するのはひげです。彼女は、ツルゲーネフはすでにかなり古いと私たちに話します。私たちの前には、非常に賢明で信じられないほどよく読んでいる人がいます。

レーピンは肘掛け椅子に座っているツルゲーネフを描いています。彼は私たちを半回転して見ますが、同時に彼の目の魅力は少なくなりません。

ポートレートを注意深く検討し始めると、筆者が眼鏡をかけていることに気づくでしょう。当然のことながら、時間のかかる作業は作家のビジョンに影響を与えました。このアイテムはとても重要です。アーティストは、この男の仕事への大きな愛を控えめに強調することに成功しました。

私たちの前は、単なる本物の傑作ではありません。これは興味深い話の小さな一滴です。私たちは有名な作家がどのように見えたか想像することができます。これらの賢明な目を覗き見することは無限です。その結果、一人一人が経験しなければならない困難な人生の道を思わず考え始めます。





アルヒポフのLaundresses


ビデオを見る: ビジネスに効くアートの見方 プロが指南 (かもしれません 2022).