絵画

アレクセイシロフの絵画「自画像」の描写

アレクセイシロフの絵画「自画像」の描写


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

A.M. Shilovは、ロシアのリアリズムのスタイルで絵を描き続けています。生前、彼は多くの風景画や静物画を描いたが、それでも彼自身を肖像画家としての画家と見なした。彼の肖像画は実際のイメージを反映しており、すべてがキャンバス上で重要です。

アーティストには事故はなく、頭を回し、腕を組んで、側近を回している-すべては隠された意味で行われます。作品「自画像」は、画家の創造的な道において特に重要です。彼は自分を描写しただけでなく、彼の性格、情熱、人生の原則を反映しました。アーティストはリラックスして腰を下ろして座っています。手にブラシとパレットを持っています。

画家は仕事から引き裂かれただけのようで、彼はしばらく頭を向けました。彼の唇はわずかな笑顔で凍りつき、彼の目は優しさを表しています。肩の巻き毛は作家のイメージを引き立たせており、そのような髪型は代表的な絵画の特徴のようです。

投げられたローブは家の装飾を作ります、おそらくそれは画家が家に感じ、そして彼の色とめったに別れることはほとんどなかったのはスタジオでした。しかし、いすは炉の属性ではありません。この芸術作品は、ユニークな手作りの美術館の作品です。

A.シロフは家具にも芸術的な趣味がありました。マスターポートレート、彼の作品の例を囲みます。これは再び芸術家を肖像画家として語っていますが、彼は肖像画の達人の範​​疇に属していました。マスターの自信に満ちたポーズ、彼は肘掛けに手を置いて、リラックスしました。

肖像画は調和と平和を醸し出しています。画家が彼の好きなことをしていたと言っても安全です。 「自画像」はロシア美術学校の偉大な代表の子孫への一種のメッセージです。この作品は、人生において主なものは調和と好きなものであるという事実についてです。絵画は、芸術家の顔と性格、彼の人生を私たちに明らかにします。





黄金の秋の絵レビタン


ビデオを見る: 北欧の風景画家Peder Mork Monstedの絵画 (六月 2022).