絵画

アークヒップ・クインジの絵画「初期の春」の描写

アークヒップ・クインジの絵画「初期の春」の描写


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

絵画春先は、有名なロシアの画家アルキップイヴァノビッチクインジの筆に属しています。キャンバスは1895年に描かれ、芸術家の最高の風景に属しています。

写真の中央の場所は氷に覆われた川に割り当てられており、春の洪水の前夜に凍りついた川に割り当てられています。最初の暖かい光線がすべての力を解放し、栄光の中で姿を現すことを期待しています。

川の氷が割れる、最初の水がすでにそこから出始めており、春が近づいている。緑豊かな草、裸の枝、そして青い空を待ち望んでいます。春の予感がこの絵をとても魅力的で美しいものにします。

毎日春が近づくと、絵の左側のアーティストが描いた木々に最初のつぼみがすでに現れています。すぐに彼らは葉になり、霜を恐れなくなります。

冬は春の始まりを止めることができなくなります。これは、川が無限大になり、背景の森を覆う霧のどこかで終わるかのように画家によって構築された、絵の全体構成によって証明されます。

キャンバスは色と光の彩度で区別されます。これを見る人は、これは単なる写真ではなく、差し迫った暑さ、日光、森や野原の緑の暴動への賛歌であることを理解しています。

そのような風景は、少なくとも一生のうちに、春先に自然に選ばれた人なら誰でも見ることができます。それでも特別なものがあります-軽くてユニークなもので、普通の人の理解がなく、目を引くものではありませんが、経験豊富な画家の手が簡単に写真に表示できます。

キャンバスと油絵の具が使われたリアリズムの精神で絵が描かれました。現時点では、キャンバスはウクライナの人々の文化遺産に属し、ハリコフ美術館に保管されています。





モナリザDescription


ビデオを見る: 残酷な絵楽しく解説美術講座神の子二人の間の小鳥は何を示す (六月 2022).