絵画

バレンティンセロフの絵画「花」の説明

バレンティンセロフの絵画「花」の説明



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

バレンティン・セロフは非常に才能のあるアーティストでした。彼は素晴らしい肖像画を描きました;彼は奇跡的に風景、動物、花に成功しました-彼を刺激したすべては彼のキャンバスに軽く反映されました。

繊細な風景画家として、セロフは花の美しさに無関心ではありませんでした。彼の絵「花」は彼の作品のファンへの真の贈り物でした。

アーティストのお気に入りの期間の1つは、ライラックが開花したときでした。

重いクラスタは春の終わりに開きます。寒い冬のエコーがなくなると、地球全体が熱と太陽の愛撫から目覚め、魂は理解できない幸福を見越して凍りつきます。

小さな花の虹の波の中で、家はまさに屋根に沈み、富と貧困の両方を隠しています。ゆったりとした穏やかな美しさが空間全体を満たしています。少し時間が経てば、この色の暴動は消えていくと考えるのは辛いことです。私は呼吸し、十分に見、このビジョンを守りたいです。

セロフはライラックがとても好きでした;彼は私たちのためにこの素晴らしさをなんとかして保存しました。これらの香りのよい枝は彼の絵に非常によく見られます。そして、写真の中央には、緑豊かなライラックの花束が描かれています。控えめな色の素晴らしさすべてがこの写真でセロフを見せようとしました。

白とライラックのブラシは、単なるテーブルの装飾ではありません。ライラックは長い間人の隣に住んでいて、絵を熟考するすべての人にとって、花束は必然的に高まる記憶の波を引き起こします。多分これは元気な子供時代で、多分不注意で遠くの若者でしょう。ライラックは暖かい夏の夜で、これは最初の憧れです、これは少し悲しいです、これは希望です。

絵は冷たく青っぽいライラック色に塗られていますが、憂鬱感は全くありません。軽いブラシの白いハイライト、小さな花の暖かいストロークがキャンバス全体を空気感、純粋さと光で満たします。来る朝、その日の朝、新しい人生の感覚があります。





スリコフのスリコフ写真


ビデオを見る: 手軽なバルブ交換で流れるウインカーが手に入るヴァレンティの画期的アイテムがデビュートヨタ30系アルファードヴェルファイア (八月 2022).