絵画

アンドレイ・ルブレフ「使徒パウロ」のアイコンの説明

アンドレイ・ルブレフ「使徒パウロ」のアイコンの説明


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

アンドレイ・ルブレフはモスクワの学校で最も有名なロシアのアイコン画家であり、その作品は世界中の芸術愛好家や専門家に賞賛されています。 14世紀の記念碑的な絵画の巨匠であるルブレフは、偉大な歴史的、文化的人物であり、今も伝説と神話に囲まれています。 1408年頃、ルブレフは使徒パウロを執筆しました。

2番目のアイコンは、スタイルとテクニックがこの作品に似ている、使徒ペテロのイメージでした。使徒パウロの話は紛らわしいですが、聖書から知られています。

ユダヤ系のローマ人であるサウルという男は、クリスチャンへの迫害で知られていました。彼は不気味な光で盲目になり、その後神は彼に現れて正しい道を進みました-この奇跡に襲われて、サウルはクリスチャンの迫害をやめ、代わりに彼らに加わりました。

ルブレフスキー使徒パウロは深い考えに没頭している英雄です。彼の手には、知恵と知識の象徴としての本(イメージは時間とともに失われました)があり、最も重要なのは-キリスト教の説教です。

信じた後、パウロは癒されてバプテスマを受け、それによって彼は生涯をキリスト教の信仰の説教に捧げることができました。合計すると、彼は十数通のメッセージを残しました。ルブレフがそのような人物を特別な関心を持って描いていることは当然のことです。パベルの視線は視聴者に向けられていません。彼は目をそらし、より高い考えを熟考しています。

このアイコンは、ルブレフの熟練の例になります。図は精力的にそして明確に綴られ、マスターの特徴です。使徒のローブは暗く、カノンの色と調和しており、深い折り目が書かれています。

パウロの全体的な姿は、ヒーローの内面の強さ、自分の信仰に対する信念、そして思考の知恵の重要性を示しています。このアイコンは、ルブレフが長い間働いていたウラジミールの聖母被昇天大聖堂にあります。





バクスト古代ホラー


ビデオを見る: ローマ人への手紙56パウロの将来の計画 (七月 2022).


コメント:

  1. Corday

    それは私を驚かせました。

  2. Mikazahn

    This is not the joke!

  3. Cranleah

    注目に値する、非常に価値のあるフレーズ

  4. Mitilar

    このフレーズは単に比類のないです:)、私はそれが好きです)))



メッセージを書く