絵画

ムスティスラフドブジンスキー「眼鏡の男」の描写

ムスティスラフドブジンスキー「眼鏡の男」の描写


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ムスティスラフ・ドブジンスキーは常に彼が完全に芸術に属していることを知っていた人々の中にいた。ミスや失敗に注意を払わずに成長し、スキルを向上させました。私たちの同胞はしばしば創造的な苦痛、停滞、危機を経験しましたが、彼は自分自身と戦い、彼の作品を世界に提供し続けます。ドブジンスキーの多くの絵画は、サンクトペテルブルクに関する一連の作品の制作中に作成されました。

著者はしばしば時代の精神を捉え、展示し、捉えようとしました。それは彼が成功したことに注意すべきです。確かに、才能のある画家の作品にはすべて意味があります。美のために、そのように書かれた作品はありません。

キャンバスには常に、懐かしさ、過去の記憶、重要な出来事の記憶、子供の頃の記憶があります。ムスティスラフ・ヴァレリアノビッチは過去のために戦い、それをキャンバスに表示しました。彼は未来を描いたことはなく、望み、そして現実には非常にまれです。これは、ドブジンスキーの絵画のもう1つの注目すべき特徴です。

彼のイメージは、並外れた感覚、雰囲気、環境に満ちています。それぞれの視聴者は、自分自身の親密な何かを見つけます。彼の処女の記憶、幸せな瞬間、または多分その逆-突然追い越された悲しい瞬間、変化、または憂鬱。

「眼鏡をかけた男」は、地球規模の思考を刺激する作品の1つです。ここに描かれている男は、都市の明るく輝く色を背景に、厳格で陰鬱なようです。さまざまな色合いがあるにもかかわらず、荒れ地、住宅、工場のパイプなど、都市は空です。徐々に人格がなくなり、灰色に変色するかのように、目を離すことは不可能です。

したがって、ドブジンスキーは、人が自分の個性を失い、孤独になる方法についての考えを伝えたかったのです。水彩絵の具は作者の気分にぴったり合っています。





説明絵画モスクワヤードポレノフ


ビデオを見る: 本当は見えるところに置いてたんじゃないのRUSH u0026 DREAM!最終話 伊武 (六月 2022).


コメント:

  1. Maponus

    多分

  2. Willaburh

    私はあなたが正しくないと思います。私は確信しています。 PMで私に書いてください。

  3. Kagakinos

    あなたはもっと控えめでなければなりません

  4. Sadek

    不要な言葉を無駄にしないでください。

  5. Tohias

    私はあなたの他の記事を読みたいです。ありがとう。



メッセージを書く