絵画

絵画ヴァシリー・ポレノフ「自画像」の説明

絵画ヴァシリー・ポレノフ「自画像」の説明


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

「自画像」は1901年日付です。その上で、ヴァシリー・ドミトリエビッチ・ポレノフは約60年。この男は多くの才能に恵まれ、あらゆる種類の芸術に興味を持っていました。

V.ポレノフは先駆者であり、彼の前に基本的なマスターの注目に値しないと考えられていた領域の研究と開発を引き受けました。そのような研究の結果、画家は新しいタイプのユニークなアーティストの形成を好むようになり、現代の世界で見ることができるように、芸術の新しい文体とトレンドを見ることができます。

この絵を書いているとき、ヴァシーリー・ドミトリエヴィッチは演劇の風景の開発と創造に焦点を当ててほとんど書きませんでした。残念ながら、「自画像」はマスターの芸術的特徴を学び、評価する機会を提供しません。彼はテクノロジーに大きな注意を払い、それを試して、すべての新しい方向性を受け入れました。彼の作品のほとんどを占めていたのは風景だった。 V.ポレノフは、「彼の考えと感情」を最もよく反映できたのは、このジャンルのおかげであったと述べています。

絵は豊かに精神的な謙虚な男の顔を正確に伝えます。色がなくても粘り強い外観は、芸術の歴史の中で「絵画の詩人」として栄えた華麗なマスターの知恵を伝えます。彼は家父長の邸宅の最も内側の雰囲気と日常生活の楽しい平和、彼らの出身地の風景の魅力、そして東の色鮮やかな華麗さを発見しました。

V.ポレノフの計り知れない貢献は、外気の発達であり、彼の同時代の人たちに彼らの「新鮮さ」と彼らのアイデアと気分を翻訳するための豊富な方法に魅了される新しい芸術的地平を提示します。

V.ポレノフは、芸術は優雅さと携挙をもたらすべきであると強く確信しました。そうでなければ、それは意味がありません。彼は社会の美的啓蒙における芸術家としての義務、人生を意味と内面の美で満たす明るくて美しいことを知り、それと関連する機会を見ました。





ダリセルフポートレート


ビデオを見る: 鼻の描き方鼻を描くつのコツポイント (六月 2022).