絵画

ピエトロ・ペルジーノ「聖セバスチャン」の描写

ピエトロ・ペルジーノ「聖セバスチャン」の描写


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ピエトロペルーニョの傑作として世界の芸術界に認められたこの絵画は、主にその独特の構成によるものですが、その時代の聖セバスチャンのイメージは非常に正統的に伝えられています。画像の背景となる巨大なアーチは、画像を視覚的に引き伸ばし、セバスチャンに本当に巨大なサイズを与えます。

空気の結晶の純粋さ、天の天の静寂、展開する悲劇の背景に広がる平和と静けさは、聖人のユニークなイメージを生み出し、彼の顔は苦しみを表現せず、希望に満ち、純粋な畏敬の念を表しています。義人の皮膚に突き刺さった矢は彼を傷つけず、すでにパラダイスへの半分の道のり、セバスチャンは人間の地球との物理的なつながりを感じるのをやめ、彼の純粋な視線は痛みも苦しみもない場所に向けられています。

ローマの戦士として、セバスチャンは個人の帝国衛兵に仕えましたが、キリストへの彼の着実な信仰のために処刑されました。死刑を宣告された聖セバスチャンを描いた他の芸術家は、人体の全体的な美しさを描く機会に魅了されました。しかし、この遠隔性を最も得意とするのは、Pietro Peruginoです。

初期ルネサンスの有名なイタリアの画家は彼の作品に高く評価されていました。ペルジーノは、ラファエルの教師で、独特のプロポーションと視点を生み出し、同時に古典絵画の正統派から離れませんでした。

記念碑的な絵画は芸術家に最初の栄光をもたらし、今日までほとんど保存されていない彼のフレスコ画もまた、人類の芸術的遺産の不可欠な部分と見なされています。ピエトロペルジーノは、その時代の他の多くの著名な芸術家と同様に、教皇自身がシスティーナ礼拝堂を描くように招待されました。





ニコライ・ボグダノフ・ベルスキーの子供たちの絵による構図