絵画

ルノワールの絵画「ボーリューの風景」の解説

ルノワールの絵画「ボーリューの風景」の解説


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ピエールオーギュストルノワールは、自然、自然の美しさを描いた多くの美しい絵画を作成しました。彼は肖像画、静物、そして風景を描いた。

「ボーリューの風景」は印象派の古典的なトリックです。ここでは、自然を現在の状態で観察します。色は周囲を伝え、感情の嵐を引き起こします。これはまさに芸術家が達成したかったことです-プロヴァンスの雰囲気、自然のすべての優雅さと新鮮さ、その無垢さを伝えるために。

この活気に満ちた配色は熟考者を魅了し、緑の壮大な素晴らしさはその場所に自分自身を見つけ、著者が体験した感情を体験したいという欲求を喚起します。アーティストは、この絵をできるだけ軽く、優しく描きました。ルノワールは自分の記憶から懐かしい一節をキャンバスに取り込むことができました。

多くの人が、作者は彼の作品に深い意味を投資しなかったと信じていました。一見すると、その風景は魅力的ではありません。シンプルすぎて、雰囲気があまりに平凡すぎるようです。しかし、本当の美しさは、まさに私たちを取り巻くこのような瞬間にあります。ここでのすべての詳細は非常に重要です。自然の各ストロークは、この場所の色を強調します。

長い間、絵を見て、それがどのように変化するかに気付くことができます:軽い風が吹く、葉がカサカサと音を立てる、波がカサカサと音を立てます。すぐにこれが現実のようです。全体像が認識されていることに注意することが重要です。それはオブジェクトを際立たせず、すべてがその場所にあるかのように配置され、調和を擬人化します。そして遠くに、よく見ると、女の子と子供という2つの小さな人物が見えます。彼らはこの場所のまばゆい美しさ、風の音、そして海岸に沿って転がる波の中で失われています。





アーミンの絵を持つ女性


ビデオを見る: サイゼリヤの西洋絵画の意味知っておいて損のない名画の解説 (六月 2022).