絵画

ジェロームボッシュの写真「魔術師」の説明

ジェロームボッシュの写真「魔術師」の説明


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

残念ながら、フランダースのアーティスト、ジェローム・ボッシュの「魔術師」の絵は生き残りませんでした。今日、あなたはこの作品のコピーだけを鑑賞することができます。それらの中で最も正確な作品は、サンジェルマンアンレー市の博物館にある作品として認識されています。

オリジナルの作成日も不明で、おそらくボッシュの初期の作品に言及しているに過ぎません。不器用な数字とマスターの未熟さに対応する予想される削減の違反はこれに対応します。

絵は永遠の風刺の例であり、盲目の信仰と愚かさが人々をどのように破壊するかを思い出させます。このシーンのプロットには2つの解釈があります。一部の研究者は詐欺師についての警告を呼び、狡猾で巧妙な詐欺師を信じる準備ができているそれらの愚か者に非難します。欠けた石の壁の近くに、魔術師と好奇心旺盛な見物人が落ち着きました。

テーブルの上には、キャララタンがだまされやすい公衆をだますための即興の手段があります。テーブルの左端にあるカエルを見分けるのはすぐには不可能で、その上を観客の1人が驚いて頭を下げました。魔術師は彼と他の聴衆に彼女が魔法のように男の口から飛び出したと確信させたところです。このように、群衆の注意を完全にとらえたチャーラタンは、別のローグまたはおそらく彼自身のパートナーに、シンプルトンのポケットを空にする機会を与えます。演劇の欺瞞は、悪魔のような陰謀の原型であるフクロウと道化師の衣装を着た犬のシンボルで表現されます。

他の人は、カエルの抽出で悪魔払いの教会儀式への訴えを追跡します。この観点から見ると、「マジシャン」は単なるユーモラスなシーンではなく、教区民の頭をだます偽の魔法使いのような聖職者のあざけりです。

多くの場合、「The Magician」は、マジシャンズクロークと愚かなオープンマインドで、あらゆる詐欺師を信頼する準備ができている風刺と見なされます。カエルを抽出する際に、美術史家は教会の悪魔払いの儀式を嘲笑するという仮定を提唱しました。

写真は反宗教的な抗議を取り、素朴な教区民をだます聖職者のパロディになります。このバージョンは、枢機卿のカソックを連想させる魔術師の服装で補強されており、泥棒の衣装はドミニカの修道士です。





ニジニ・ノヴゴロドへのミニンの魅力写真


ビデオを見る: パソコン用監視カメラソフト操作方法 モンドカメラ (六月 2022).