絵画

カミーユピサロの絵画「パリのオペラドライブ」の説明

カミーユピサロの絵画「パリのオペラドライブ」の説明



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

カミーユピサロは彼のキャンバスに取り組むために多くの時間を費やし、当然フランスの印象派の家長と見なされました。そして彼の作品のメインテーマはパリです。作成者は、都市の外部イメージを伝えるという目標を設定しませんでした。むしろ、彼は感情と感情を書いた。

写真「パリのオペラ座」では、たくさんの人、傘、さまざまな方向に動く車、濡れた舗装を見ることができます。しかし、これはただ書かれただけではなく、驚くべき方法で、著者は都市の一般的なムードを伝えることができました。色の魔法のようなものです。空気は暖かい日光、雨滴で満たされているようです。そして通りの終わりの霧の後ろには街全体があります。

ピサロのお気に入りのモチーフの1つは、遠くへと続く通りです。そして、この写真は、このトピックに対する理想的な構成ソリューションです。多階建ての重い家は全体像を圧迫することなく、少し横にシフトし、ビジネスをしている人々の流れに注目が集まっています。そして、この大騒ぎは、キャンバスから発せられる穏やかさと平和を侵害しません。著者は無意識のうちにフランスの通りの長さを増やします。実際、オペラはピサロが描いたものよりもはるかに近くにあります。アーティストのキャンバスごとに、パリはユニークです。

この場合、晴れた雪に覆われた冬の日が描かれ、人や貨車の影はほとんど知覚されません。巨大な建物と背景に対して小さく見える人々のシルエットの組み合わせが特別な方法で提示されます。正確かつ同時に、写真、店の窓、噴水、街灯柱の細部が優しく登録されています。





ボリソフムサトフスプリング


ビデオを見る: カミーユコローCamille Corotの絵画 (八月 2022).