絵画

ギュスターヴクールベの絵画「黒い犬の自画像」の描写

ギュスターヴクールベの絵画「黒い犬の自画像」の描写


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

フランス人のギュスターヴクールベは、彼の創造的な発展の過程で、ロマン主義からリアリズムへと移行しました。どちらのジャンルの絵画も同様に興味深く、価値があります。アーティストはロマンティックな方向で働き、犬と一緒に自分のポートレートを作成しました。完成後、1841年のキャンバスには、「黒い犬のいる自画像」という名前が付けられます。

21歳というかなり若い年齢で、G。クールベは自信を持ってアーティストの自画像を書きます。青年の視線は、誇り高い自信を持っています。画家のこの最大主義は絵を台無しにしない。

若いフランス人アーティストの美しさを否定するのは難しい。彼の特徴は調和がとれていて楽しい。顔は緑豊かな黒いカールで縁取られています。

あなたは若い男のイメージで好奇心旺盛な自然科学者を見ることができます。彼の頭には大きくてつばの広い帽子が目を覆っている。彼は控えめな服装ですが、きちんと上品です。ギュスターヴは岩の近くの草の上、自然のひざの上に座っています。遠くには木々、山々、空が見えます。これはオルナンのフランスのコミューンのエリアのエリアを示しています。若い画家の近くに、絵が描かれた厚いフォルダがあります。

どうやら黒犬は前日に彼にプレゼントされました。犬のウェーブのかかった髪は、肖像画の作者の巻き毛を完全に反映しています。植物、動物、人間の自然の組み合わせによるこの驚くべき調和は魅力的です。

クールベは油でキャンバスに自分を描いた。肖像画を描く技法は優れた評価に値します。意欲的な画家は、構図のすべてのオブジェクトの比率を決定するために検証された視点を正しく構築することができました。色については、肖像画家はさまざまな色合いを選ぶことにこだわりませんでした。人物の後ろの岩が太陽の下で美しく輝きます。青い空は雲の羽で覆われています。

ギュスターヴクールベは、偉大な芸術家の中で彼の地位に立つ権利を持つ神秘的な王子をイメージしたプラスチックの写真を作成しました。





水まき缶オーグストルノワールの女の子


ビデオを見る: フランスオルセー美術館の名画を鑑賞2018パリ (六月 2022).


コメント:

  1. Kimathi

    ブラボー、私には思えますが、立派なフレーズです

  2. Sigifrith

    私が確認する。私は上記のすべてに同意します。問題について話し合いましょう。

  3. Fenrizilkree

    私はあなたに同意します、説明をありがとう。いつものように、すべて素晴らしい。

  4. Raynor

    私が今話すことができないのは残念です-私は去らなければなりません。私は釈放されます-私は間違いなく私の意見を表明します。

  5. Gonzalo

    本当に面白いです。同じことについて何か他のものが欲しいです。

  6. Baldwyn

    書くことができません:discはフル(r)を超えています、(f)形式、(z)wot#911?



メッセージを書く