絵画

レフフェリクソビッチラゴリオの絵画「港(1859)」の説明

レフフェリクソビッチラゴリオの絵画「港(1859)」の説明


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

このアーティストは、非常に才能のある海洋画家であり、風景画家でもありました。美術評論家は彼をアイバゾフスキーの信者と呼びます。彼の海への愛は無限であり、これはラゴリオに黒海の見事な海の広がりを描くために筆を取り上げるように強いました。彼は何度も旅行し、幅広い知識を持ち、風景画の教授になりました。彼は周囲の自然に触発され、ロマンチシズムと深みに満ちた彼の美しいキャンバスにそれを捉えました。アーティストにとって最も重要なトピックは、彼の心を勝ち取り、クリエイターの素晴らしい作品に反映されている海です。

この写真は、ラゴリオが見る海を正確に描写しています。それは銀色で、何百もの異なる色合いに潜んでいて、柔らかいベルベットに似ており、キャンバスの上にはねています。写真に描かれた港は信じられないほど静かで平和なようです。ほんのりピンク色の地平線に潜む空間と自由を連想させます。灰色の霞に覆われた山々は水面とともに凍り、ヨットやヨットのゆりかごとなり、まるで穏やかなように凍っていました。それは完全に色域を伝え、その色は明るく飽和しています。

クリエーターの絵画には特別な磁力があり、目を捉え、レフラゴリオが描いたすべてのラインを興味深く見守らなければなりません。キャンバスに息づく海の風景に、風の爽やかさを鮮やかに感じられる彼の喜びと憧れ。波の息吹が様々な色合いで美しく伝わります。画家はルーヴル美術館で絵画を学び、ルーヴル美術館に影響を与え、特別な繊細さと官能性を与えました。さらに、彼は芸術アカデミーの名誉会員でした。しかし、残念なことに、素晴らしい海の画家は貧困の中で亡くなり、数十の見事な絵を残しました。





アンドレイルブレフトリニティアイコンの説明


ビデオを見る: ART体感と経験の絵画マークロスコ. (六月 2022).