絵画

バレンティンセロフの絵画「タウリスのイフィゲニア」の説明

バレンティンセロフの絵画「タウリスのイフィゲニア」の説明



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

写真の主なプロットは、ギリシャの王アガメムノンの娘-戦争の女神アテナに捧げられたイフィゲニアの伝説でした。ホーマーの詩「イリアス」では、10年間のトロイの木馬戦争で勝利を収めたいと願っていたが、ギリシャ人は娘たちを犠牲にして神々の気まぐれをなだめたことが何度かあると語った。

アガメムノンはトロイに対するキャンペーンの発起人の1人であるため、娘に起こった運命を拒否することができず、アテナパラスの祭壇に建てられました。女神は少女の美しさに感心し、この贈り物を受け入れませんでした。彼女を雌に代えて、彼女は彼女をタウリスに移し、そこで彼女はアテナ神殿の巫女の一人となった。

セロフの写真では、イフィゲニアがタウリスの海岸に到着した後に描かれています。少女は海岸近くの石の上に座って、考え抜かれて無限の距離をのぞきます。彼女の顔が見えないのは、彼女が亡くなった愛する人たちについて彼女が悲しいのか、それとも彼女が孤独感に悩まされているのかを視聴者が理解できないためです。少女の体は白い服を着ており、神殿での無実の巫女としての彼女の立場と一致しています。当時の風習によれば、頭の後ろにイフィゲニアの毛が集まっています。

少女を取り巻く自然は美しく、黒海の水は彼女の足元で泡立ち、輝く青い空が彼女の頭の上に広がり、難攻不落の崖が彼女の後ろにそびえています。海と空は1つの全体に溶け込み、肉眼では、水の縁を雲や地平線と区別することはほとんど不可能です。

岸には一人の生きた魂もいませんし、イフィゲニアは彼女の無意識の平和を恐れることはできません。この女の子が喜ぶかどうかは不明ですが、彼女の運命は今も永遠にこれらの人里離れた場所とつながっているので、愛する祖国とは異なります。

キャンバスは1893年に作成され、繰り返し復元され、タタールスタン共和国の州立美術館に保管されています。それは放浪者の仕事の顕著な例です。





風景写真