絵画

ピータールーベンスの絵画「女性の肖像」の説明

ピータールーベンスの絵画「女性の肖像」の説明



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ポールルーベンスはルネサンスの代表的な人物であり、絵画や彫刻の本当の傑作を生み出しながら、古代のイメージを高めたいという彼女の特徴的な願望を持っています。アーティストは女性の肖像画の執筆に特別な注意を払っています。

中世では、裸の女性の身体のイメージは禁断の果実でした。ルネサンスは、このトピックをまったく異なる視点から見ることを可能にしました。女性の身体は自然の一部であり、自然は今や神の思考の具現化として認識されています。女性の体の美しさほど神聖なものはありません。

ほとんどのルベノフ女性の美しさは、彼の現代と現在の両方の一般に受け入れられている概念からはほど遠いです。アーティストは壮大な形で女性を描き、彼らのために彼は特別な愛と敬意を経験します。このような人物を持つ女性は、仕事だけでなく私生活にも画家を惹きつけたことに注意してください。彼の妻の両方のイメージは、アーティストの多くの作品に反映されています。

しかし、ルーベンス絵画のモデルは女性だけであると考えるべきではありません。彼がイタリアに滞在した8年間で、彼は主に貴族階級の代表である男性、女性、子供の数十の肖像画を描きました。それぞれの絵は色の遊びで印象的であり、アーティストは光と影を巧みに使い、最小の粒子と細部を描くことに大きな愛情を持っています。

アーティストはモデルの目と手に特別な注意を払います。肖像画に描かれているほとんどの人は、直接自信を持って顔を見ます。笑顔が唇に凍りつきました。芸術家は女性の身体の不完全さを強調することを恐れていませんが、逆に強調していますが、観客はそのような女性の美のビジョンを笑うことを考えさえしていません。

ルーベンスの作品は、生まれながらのバロックを反映しています。そのバロックの美しさは、生きている現実を伝えたいという欲求よりも劣ります。





ピーターブリューゲル、バベルの塔の長老


ビデオを見る: ゴヤの黒い絵を解説後編 (八月 2022).