絵画

ディオニシウスのアイコン「力の救い主」の説明

ディオニシウスのアイコン「力の救い主」の説明


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

今日、私たちはディオニュシオスの創造の「力の救い主」のアイコンを見る機会が与えられています。このアイコンを目にする人の多くは、アンドレイルブレフの「力の救い主」に似ていると言っているかもしれませんが、そうではありません。ディオニュシウスが描いた構図はルブレフの作品を繰り返していますが、いくつかの違いがあります-右足の足、図の比率。

「救世主は権力を握っている」は正教会のイコノスタスのまさに中心にある主要なアイコンの1つです。アイコンの中央には、キリストが王座に座っているのが見えます。左手には福音があり、右手には祝福があります。本の句は福音書に書かれています。 15世紀以降、アーティストやアイコンの画家は、できるだけ頻繁に福音のフレーズをキャンバスに書き込もうとしました。ディオニシウスによって書かれたこのアイコンのプロットは、神学者ヨハネの啓示に基づいています。内側の赤いひし形は、側面が凹んでいます。作者はそれをセラフィムとケルビムで満たされた緑と青の2色の球体に刻みました。赤い菱形は伝道者の擬人化であり、内側の菱形はエゼキエルの幻の火です。イエス・キリストの足は、「王座」の上に確立された足元にあります。

今日、救世主の図像学にはいくつかの解釈があります。最も印象的でより真実な解釈は、画像の終末論的な説明であり、5世紀から10世紀のビザンチン後陣絵画が最初の出所となっているという認識です。

救い主の図像におけるイエスの最終的な構成は、15世紀に、おそらくロシアの領土で起こりました。





写真モスクワ中庭による組成


ビデオを見る: #936 完全なる救い主高原剛一郎 (六月 2022).