絵画

ピータールーベンスの絵画「4つの哲学者」の説明

ピータールーベンスの絵画「4つの哲学者」の説明


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

この才能と才能のあるアーティストの絵は、ルーベンス自身にとって特別な意味と価値があります。 「ちょうどリプシーと彼の生徒たち」はこの絵の別名であり、その特異性は、アーティストが最も親愛なる人々-兄弟、彼の親友、そして彼らの人生における役割が決定的になった男-ジャストゥスリプシウス先生を絵に描いたことです。

絵画はローマの哲学者セネカの大理石の彫刻を描いており、彼の頭の下には彼の最愛の生徒たちとの素晴らしい教師がいます。このキャンバスのアーティストは自分自身を描写しましたが、彼は哲学的議論の参加者から少し離れています。アーティストは普通のリスナーの人に描かれており、これらのインテリジェントで哲学的なスピーチに長い間夢中になる準備ができています。絵は豊かな色のパレットで作られています、そして贅沢と若干のぽんぽんさえ観察されます。豪華さは、大理石で作られた柱、豪華で力強いドレープのカーテンなどの細部にあります。写真で、ローマの芸術家の胸像の隣に、美しく明るいチューリップが付いた透明な花瓶があることがわかります。

先生は私たちの前に明るい性格として現れるだけでなく、生徒たちにも独自の個性と特徴的な特徴と違いがあるという点で写真は興味深いです。写真を見ると、親近感と友情が最初にあることがわかります。なぜなら、彼は親愛なる人々を前景に描き、彼らから離れたからです。

一般に、写真が伝える感情は、観察者を哲学的会話の参加者の内面に没頭させます。





ジョルジョーネの写真


ビデオを見る: レンブラントの夜警について解説動画で絵画鑑賞 (六月 2022).