絵画

エドワード・ムンクによる「嫉妬」の描写

エドワード・ムンクによる「嫉妬」の描写


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

最も不可解な感情の1つは嫉妬です。嫉妬は、否定的な性質と否定的な性質のみをもたらします。この感情は、人と人との関係だけでなく、環境にも影響を与えます。才能のある芸術家ムンクが哲学を通して真実に到達しようと説明し、示しようとしているのはこれらの感情です。絵は、カラーパレットの驚くべき組み合わせである全体の構成を描いています。シーンや構成の存在にもかかわらず、絵の主人公は破壊的な感情に取り乱していて、それ自体に注目を集めています。画家が絵画で表現しようとしているのは、荒廃、破壊、そして否定的なメッセージであり、本当に有名になりました。

絵はキャンバスに鮮やかさと多様性を与える他の英雄で薄められていますが、英雄が実際に存在しているか、嫉妬深い人の想像力の具現であるかは明らかではありません。嫉妬深い人が表現するものではないかもしれない理解できない場面の存在は、あなたをたくさん考えさせます。実際、背景に描かれているペアはあいまいさを示しており、現実は誤って解釈されている可能性があります。使用したパレットとペイントは、写真のプロットに集中するのに役立ち、細部に気を取られません。

この絵には深い哲学的で隠された意味があり、嫉妬の力と有害な影響について誰もが考えるようになります。そして、珍しい色の組み合わせは、興味のある質問への答えを見つけるために写真に魔法のような浸透の感覚を作り出します。





サルタン王の物語へのイラスト


ビデオを見る: 12月11日火夜9時ぶらぶら美術博物館#292 あの叫びが初来日ムンク展トラウマ葛藤を描いたノルウェーの奇才ムンクの世界 (六月 2022).