絵画

パベル・フェドトフの絵画「自画像」の描写

パベル・フェドトフの絵画「自画像」の描写



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ロシアの偉大な芸術家、パベル・フェドトフは、彼が自分自身を描いた傑作となった多くの作品を持っていることが知られています。フェドトフの自画像はそれぞれ異なります。1つのキャンバスにアーティストが若さについて書いたため、もう1つの自画像には名誉勲章を授与された若い将校の写真が含まれています。このアーティストの自画像は特に注目され、作品を次々に見ていくと、アーティストの顔が若い美しい若い男性から雪のように白い灰色の髪で覆われた老人に変わっている様子がわかります。

ロシアのアーティストの最も有名な自画像は、単純な鉛筆で行われた作品です。このキャンバスには、拳で頭を休めた男性が見えます。これらの目は深い憂鬱と悲しみ、不安と感情的な憤りの状態を隠しています。いつもの鉛筆画に注目が集まったようですが、シンプルさと色の欠如が主人公の本当の気持ちを映し出しました。色の欠如は、主要な問題に焦点を当てるのに役立ち、人がこれらの物思いにふける、そして切望する目でいっぱいに実際に隠れているものを見つけるためのタスクを設定します。

自画像は特別で、感情とアーティストの素顔、彼の豊かで才能のある内面、彼の心の状態をキャンバスに反映する能力を伝えます。この自画像で見ることができる才能、知性、才能であり、アーティストだけでなく、鉛筆で描くようなシンプルな人物を発見することができます。





ブルースペース絵画のリロフ


ビデオを見る: フィリッポリッピの生涯ボッティチェリの師匠で破天荒な僧侶ークラシック音楽を聴きながら美術鑑賞 (八月 2022).