絵画

レンブラント「ファウスト」による絵画の説明

レンブラント「ファウスト」による絵画の説明


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

最も才能があり才能のあるアーティストの1人であるレンブラントは、ファウストと呼ばれる本当の傑作を書きました。この絵は、哲学的な考えや感情が隠されている深い意味を持っています。

視聴者が男のように見える前に、どうやら科学者だ。これは、絵に描かれているオブジェクト-鉛筆を使って証明されています。鉛筆を通して、彼は自分の考え、地球儀、頭蓋骨を書き留めています。鑑賞者は、この謎に包まれた科学者が誰であるかという疑問を投げかけます。クリストファー・マーロウの著名な劇 『博士ファウストの悲劇』の主人公の一人であるヨハン・ファウストが描かれていると考えられる。

写真は非常に興味深い詳細を示しています。たとえば、窓に直接光る円にはINRI記号が含まれています。同じ文字がイエスのはりつけ中に十字架で不滅にされました。これらの文字は、錬金術に関係する人々にとって比較的新しい意味を持つという仮定があります。 「Ignis Natura Renovatur Integram」-「すべての自然は常に火によって更新されています。」描かれた文字は完全に異なる意味を持つために二重の意味を持つことができるので、絵は非常に興味深いです。同じ明るい円の中にさえ全文がありますADAM Te DAGERAM AMRTET ALGAR ALGASTNA、実際にはこのテキストの意味はまだ謎です。この円は視聴者にとって特に興味深いかもしれません。楕円を示す奇妙で理解できない手が示されています。手は、絵に描かれた科学者が考慮し、研究すべき未知の世界を描いて示しています。





イタリアの春レビタン


ビデオを見る: モネ ルーアンの大聖堂オルセー美術館作品解説絵画の見方美術講座 (かもしれません 2022).