絵画

ヴァシーリーカンディンスキーの絵画「緑の中心の絵」の描写

ヴァシーリーカンディンスキーの絵画「緑の中心の絵」の描写


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


1913年にキャンバスに油彩。ヴァシーリーカンディンスキーの緑豊かな中心部の作品は、伝統的な作曲構成を備えています。アーティストは、描かれた構図を中央から構築します。これが主人の多くの作品のイメージが書かれている方法です。提示された作品では、中央の図が緑色の図です。図形は不定形ではなく、閉じていません。

絵は象徴性の精神で描かれました。使用された各色は、視聴者に特定の感情を呼び起こす特定の記号としてマスターによって使用されました。例:冷たい青色の色相は涼しさを象徴し、海、氷、月光、または照らされた暗闇との関連を引き起こします。緑は多くの色合いを持っているため、作品では特別な音の深さを受け取り、穏やかさを象徴し、黄色と青の色合いの間の中和剤の役割を果たします。赤は火と血に関連し、内部の動きを象徴しています。写真の黄色の豊富さは、アーティストの作品に躍動感を与え、何かに対するたまらない欲望を象徴しています。

色の構成の組み合わせは、絵画で重要な役割を果たしています。写真の内容は、赤と緑、青と黄色、黒と白の色のコントラストによって補完されます。マスターが作った色のゲームは独創的でとても調和しています。それぞれの色合いは、複雑な形で独自の表現を持っています。形と色の組み合わせは、振動するオーバーフローのような錯覚を視聴者に与えます。

画像要素の見事な構成、完全に選択された色の組み合わせにより、作品は傑作になります。緑の中心の写真を見ると、その傑作を書くことができるフォロワーはいないため、その作者は素晴らしいと結論付けることができます。





Pictureトルコ式バスイングレス


ビデオを見る: 謎だらけ楽しく解説美術講座マニエリスムの巨匠の描く謎だらけの不穏な絵画 (六月 2022).