絵画

ジャック=ルイ・デイヴィッドの絵画「自画像」(1794)の説明

ジャック=ルイ・デイヴィッドの絵画「自画像」(1794)の説明


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

この写真は、ジャック=ルイ・ダヴィッドの性格と外観、アーティスト自身が感じたものを示しています。彼は聴衆に彼を強い意志のある、抑制された、情熱的で感情的な衝動を起こしやすいと認めることを望んだ。彼が革命家に加わり、彼らの信念を激しく支持した理由を理解するには、アーティストの自画像を見るだけで十分です。

この作品は、素晴らしい肖像画家であり歴史家であるジャック=ルイ・ダヴィッドが何であったかを理解し、感じる機会を与えてくれます。彼の視線は洞察と感情を同時に表現しています。

ダビデは彼を他の人から区別する驚くべき贈り物を持っていました。これが彼の好奇心です。アーティストはこの自画像にこの品質を与えると同時に、彼のイメージに大きな力を与えようとしました。これは指で判断でき、ブラシとパレットをしっかりと自信を持って持ちます。アーティストはほとんど動物の情熱に内在しており、それによって彼は現実の意味と目的を理解しました。そして、これは自画像ではっきりと読み取られ、集中力と厚かましさで私たちを見ています。肖像画家は人間の本性を解明することを望み、歴史的芸術家はこの知識に理想的な形を与えたかったのです。

検討中の絵画は、肖像画を作成することの最良の伝統で描かれました。アーティストは、表情と手の位置にさらに集中し、博覧会にほんのわずかな詳細を追加します。これにより、セカンダリに気を取られることなく、最も重要なことに集中できます。彼はレンブラントとティツィアーノの作文スタイルを再解釈し、彼のテクニックにモダンなスタイルと特別なソウルフルさを加えています。絵画のおかげで、ジャック・ルイ・ダビデの自画像は、深い内省を必要とする、非常に深刻で労働集約的なジャンルの優れた芸術家の一人として認められたことは偶然ではありません。





息子人間写真


ビデオを見る: 中身を知ると怖い絵 (六月 2022).


コメント:

  1. Matias

    私が確認する。上記のすべてを購読します。この問題について説明しましょう。

  2. Tentagil

    優れたタイムリーなメッセージ。

  3. Shakasho

    しかし、しわくちゃになった!

  4. Maule

    確かに。

  5. Clust

    完全に、すべてがすることができます

  6. Peregrine

    素晴らしく!

  7. Palaemon

    ありがとう!、引用パッドに!



メッセージを書く