絵画

ミハイルヴルベルの絵画「バラとユリ」の描写

ミハイルヴルベルの絵画「バラとユリ」の描写


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

Mikhail Vrubelは、インテリアデザインと装飾のリクエストに応じてこの作業を行いました。絵のようにカラフルなパネルの驚くべき構造は、その天井の空間全体を埋めることを目的としています。

この写真では、ヴルベル自身の贈り物の特徴が特に際立っています。つまり、思考の独自性と、通常取り巻く自然の美しさに気づく能力です。すべての人が彼の周りの美しさを見ることができるわけではありません。彼は見ているだけで気付かない。

最も巧妙で人気のあるモチーフの1つであるフローラの才能に基づいて、アーティストは敢えてこのトピックの個人的な解釈を提案しました。

彼の人生に体現されたイメージは、見事に美しく、本物であるだけでなく、母なる自然自身が私たちに提示する政治的意味の一部をも持っています。

そして背景には、多くのアーティストがキャンバスに描くのが大好きな通常の庭の緑だけでなく、背景に神秘的な天のもやを移すことができました。背景には、花そのものと同じくらい多くの謎と神秘が含まれています。

色の正確な表示は、生きている本質と動きに満ちています。そして、マスターの小さなストロークを転送するテクニックと組み合わせた抑制された色合いの寛大さは、貴重な小石のモザイクとの類似性を写真に作成します。

アーティストは2つの発見を同時に行います。彼は自然の中でこれまで誰も見たことのない何かに気づき、このすべての素晴らしい美しさを、既に現実的で目に見える形で伝える方法で伝えます。

リアリズムに対するヴルベルの忠誠心は、彼自身の象徴的な信仰です。彼は自然の構造からインスピレーションを得ました。基本的に、これらはもちろんさまざまな種類と色合いの花です。この絵を生き生きとさせるために、彼はバラとユリからインスピレーションを得ました。





歩く人


ビデオを見る: 留袖用にユリの髪飾りを作ってみた材料は概要欄にてつまみ細工 (六月 2022).