絵画

ラファエルサンティの絵画「十字架を運ぶ」の描写

ラファエルサンティの絵画「十字架を運ぶ」の描写


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

十字架の運びはラファエルの最も悲劇的な作品の1つです。それは、宗教的な情報源で記述されたキリストの生涯の瞬間だけでなく、作者が熱心に伝えた人間の感情も伝えます。悲しみ、無力感、不安、思いやりがキャンバスの右側にある乙女たちの目に読まれます。

写真の中央にはいばらの冠をかぶったイエス・キリストがいて、涙を流し、信じられないほどの苦痛を経験しています。疲れきって、彼は十字架の重さで地面に倒れました。その後、彼は聖母にエルサレムがすぐに倒れることを知らせました。この後、キリストは母を振り返り、母は愛する息子の方向に無力に手を置き、彼の運命を悲しみました。処女マリアは、大きな苦しみにもかかわらず、勇気を持って守ろうとしますが、彼女の悲しみを隠しません。この瞬間は、聖母マリアと同じくらい彼の救い主の苦しみを経験しなければならないすべてのクリスチャンにとって模範となるはずです。

この絵はラファエルには珍しいスタイルで描かれました。まず、絵の主人公は荘厳でほとんど劇場のようなポーズをとっており、主な出来事はキャンバス形式だけでなく、それを超えています。作品のカラーパレットはかなり飽和しており、赤い色のデュエットの暗い色合いが支配的です。このテクニックは、アーティストが起こる出来事の悲劇を伝え、キリストに共感する緊張と苦しみを強調するのに役立ちます。これに加えて、イエス・キリストの苦痛を与える人は、彼らの無礼と欺瞞を強調する、さらに表現力豊かに描かれています。悲しみ、無力感、共感、無実の肩にかかる負担など、人間の魂の極端な状態-これらすべては、最も人気のある絵画の1つでラファエルによって伝えられました。





サルバドールダリの最も有名な絵画


ビデオを見る: 盛期ルネサンスの三大巨匠ラファエロRaphaelの絵画 (六月 2022).