絵画

コンスタンティン・コロビンの絵画「魚、ワイン、果物」(1916年)の描写

コンスタンティン・コロビンの絵画「魚、ワイン、果物」(1916年)の描写


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

画家はロシアの静物画の台頭を絵画で準備した巨匠の一人になり、このジャンルで非常に積極的に働きました。彼のキャンバスは、人生に対する人生を肯定する態度を反映していました。彼の静物画は、これまでにない壮大で抜群のストロークとクラシックなレイアウトを組み合わせたものです。文章の使いやすさと解放の背後には、オブジェクトの実りのある了解度があります。

静物画では、画家は特定の暗い背景の上に色の広いストロークでペイントし、色のアクセントを黄色、緑、茶色に露出させます。銀色の魚の魚は、青みがかった緑とピンクがかった色合いできらめきます。ボトルグラスは、ライラック、赤、黄、灰色の輝きを放ちます。著者は、全体像の色彩的統一の重要性に注意を向けます。

昔の巨匠のように、画家は作品の意味の中心を、暗い背景に明るい色のスポットで強調します。宝石のようなもので、マルチカラーの真珠母貝で輝く魚、金色のリンゴがキャンバスをリフレッシュし、ザクロの反射がボトルのワインを輝かせます。

この静物は形の完全な客観性と色の実証的な装飾性を印象的に組み合わせています。キャンバスの多彩さと明るさは、スペクトルのすべての色合いを含む豪華なカーペットに似ています。キャンバスは、色彩が豊富な、いわゆるコロヴィニアの夜の静物画の1つです。マスターは、人工の光の奇妙な美しさに魅了されました。静物画の主要な内容は、光と色の劇的な相互作用です。

魚の冷たい光沢のある表面での光の遊びは、果物の色の暖かさによって強調され、ワインのボトルの奥では、宝石のように燃えます。内面を深くし、光と色を融合させ、全体的な印象を作り出します。容量性の不注意なブラシストロークブラシコロビンは、塗料の価値、その精神性を強化します。





シャーデンアート属性のある静物


ビデオを見る: バナナの鉛筆デッサン - Banana Drawing in Pencil (六月 2022).