絵画

ミカロイウス・シウリオニオス「太陽のソナタ」の描写

ミカロイウス・シウリオニオス「太陽のソナタ」の描写


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ミカロフス・シウルリオニスの最初のソナタは、テンペラを使って紙に描かれています。神秘主義、魔法、奇跡の雰囲気は、そのすべての要素のバランスとともに、絵を圧倒します。

太陽は絵の主要な要素です。キャンバス上にサイズの異なる多数の太陽があり、次に遠く、次に見る人の近くにあるのは珍しいことです。主なシンボルとしての太陽は、魔法の建物につながる2つのアーチを飾っています。青紫色の建物が絵のほとんどを占め、至福と魔法の雰囲気全体のリズムを設定します。一見平坦な図のボリュームは、空気からより飽和した色への色合いの変化を与えます。城の上部には、太陽光線の方向や魔法の城を保護する特別なフェンスを象徴する縦縞が見えます。城の背景は青とライラックに輝く黄土色で構成されています。

画像の上部にあるオレンジ色の色調が優勢で、芸術作品全体に暖かみを与えます。黄土色と冷たい青色の暖かい色合いのコントラストの独創性を区別することは不可能ではありません。

画像の左上隅が最も遠い部分として認識されます。その中には、同じ太陽の下で聖化されたアーチのある同じ城にある神秘的な島のヒントが見えます。

島はオレンジ色と薄紫色で作られているので、太陽が完全に包み込み、夕日の色合いで照らしているようです。この島の上に、カモメに似た形の曲線が見えます。鳥は写真の最大の要素の1つであり、全体的なイメージに生き生きとした印象、リアルさ、そしてさらに多くの魔法を与えます。





説明写真朝アーチェリー処刑スリコフ


ビデオを見る: ふるさと納税の有田みかんで生みかんジュースを作ってみた (六月 2022).