絵画

ハインリッヒカンペンドンクの「In the Forest」の絵の説明

ハインリッヒカンペンドンクの「In the Forest」の絵の説明


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

「森の中」の絵は、1919年にハインリッヒカンペンドンクによって描かれました。

彼はすでに非常に経験豊富なアーティストであるため、絵画の新しい方向性の概念をすぐに理解するようになり、もちろんこれは彼の作品に反映されました。これは、画像の新しい色の解釈の出現、線の技法およびカラフルなスポットを説明します。さらに、カンペンドンクはステンドグラスの絵画への熱意に合格し、それに精通していましたが、彼の絵画では真似していませんでしたが、ステンドグラスの執筆に強い影響を与えました。

画像のすべての線は、開始と終了が明確で、曲がったり、ループしたり、曲がったりしている線はなく、長方形で角張っていて、曲がりとボリュームがはっきりとはっきりと示されています。

木は青、赤、白、黄色の全く変わった色をしています。枝と葉は、線を柔らかくした幾何学的な定義に対応しています。

絵はまた、聖書の偏見と人間と自然の同胞関係についての全神学的な哲学的文脈のメモとともに、動物に対する幼児の態度を反映しています。

この写真は、不安や抗議の気持ちを生み出すものではありません。逆に、自然界とコミュニケーションをとっている人が関わっています。それで、芸術家は森の中で男を描き、森の動物を撫でました。

カンペンドンクは、屋根のシカに似たガゼルとガゼルの3つの生き物を描写しましたが、彼はそれらから色も奪いませんでした。見る人に最も近い赤は地面にあり、2番目は男性が撫でたもので、体の中央にピンクの帯が付いた茶色です。ある距離では、それらの最も大きい黄色のマズルが、銃口の特徴の粗い絵で描かれ、それが男性であるかの印象を与えています。彼は男の手に手を伸ばすのではなく、彼を見守るだけです。

今日まで、ハインリッヒカンペンドンカの「森の中」の写真は、米国ミシガン州のデトロイト芸術研究所にあります。





ヴァシリーペロフの写真


ビデオを見る: Eng Sub How to Paint Perspective in Landscape. Watercolor Tips 水彩画で遠近感のある風景を描く方法 (七月 2022).


コメント:

  1. Beircheart

    絶対にあなたとそれは同意します。それはとても良い考えだと私には思えます。完全にあなたと私は同意します。

  2. Onan

    私はあなたの意見を完全に共有しています。 I think this is a great idea.

  3. Finan

    あなたは正しくないと思います。私はそれを証明することができます。午後に書いて、話します。

  4. Garion

    驚くべきことに、とても良いメッセージです

  5. Moogugore

    入力この問題について話します。



メッセージを書く