絵画

コンスタンティン・マコフスキーの絵画「植物相衣装の少女」の説明

コンスタンティン・マコフスキーの絵画「植物相衣装の少女」の説明


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

絵画の肖像画は、人の内面を伝える芸術的なイメージです。描かれているキャラクターから見る人の気をそらすような、絵画の空間に余分なものは何もありません。

コンスタンティン・マコフスキーの巨大な芸術遺産の中で、女性の肖像画が巨大な場所を占めています。最高でおそらく最も美しく表現力豊かなものの1つは、ロマンチックな方法で制作された「フローラコスチュームの少女」です。

女の子はカジュアルな服装で描かれていません-アーティストは女神のロマンチックなローブで彼女を見ました。画像を見ると、視聴者は次第にこれがまさに数千年前のギリシャの春と花の女神フローラの姿だったと信じ始めます。現代のアーティストの外観は、神話のヒロインへの彼女の変容と非常に絡み合っています。

美しさの胸像を包む空気雲のある光の透明なベール、適度なヒナギクの無重力生地の雲が傾斜した肩をわずかに覆っています。

太めの黒髪、繊細な顔色の華やかに美しく飾られた髪、生花を巧みに織り込んだ髪型。

少女の顔から目をそらすことは不可能です。彼女の暗い目、深い柔和な表情は手放せず、視聴者を息をのむような美しさから不思議な昏迷に陥らせます。繊細な顔の特徴:「明るい眉」、上品に盛り上がった、完璧な唇の形、まっすぐな鼻、表情豊かな大きな目-ロシアの「ギリシャの女性」では、すべてが一目で魅了され魅了されます。

絵の色の背景は、美しい女性のイメージを効果的に照らします。

左側はこもり、暗く、ぼやけています。対照的に、右側が強調表示され、キャラクターの暗いカールとさらに対照的です。

ポートレートは、一方では作者の巧妙さで、一方では画像の驚くべき美しさに驚きと賞賛の気持ちを呼び起こします。





ゲルニカパブロピカソ


ビデオを見る: 地球温暖化詐欺武田邦彦 地球温暖化の不都合な真実 (六月 2022).