絵画

絵画の説明コンスタンティン・コロビン花のある静物

絵画の説明コンスタンティン・コロビン花のある静物


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

世界絵画の歴史におけるコンスタンティンコロビンは、革命前のロシア美術の最も著名な代表の1つであるシルバーエイジの鮮やかな代表であり続けました。彼の絵画は国の文化の最も重要な現象の中で価値のある場所を正しく占めていました。

「花のある静物」(1922)-自宅で作成されたアーティストの最後の作品の1つ。この絵は、コンスタンチンコロビンの創造的な方法に特徴的なすべての特徴を反映しています。色の暴動、各ブラシストロークのキャッチーな日光。

芸術家の作品は、色の最小の色合い、驚​​くべき光の演出を伝える彼の非の打ちどころのない能力を評価するために、遠くから賞賛されなければなりません。彼の手紙の受け入れの際立った特徴は、画家が次のトーンを適用するために1つの層が乾燥するのを待たない「ライブ」の生の色です。

コロビンはいつも想像力で生まれたイメージや絵をキャンバスに転送する時間がないのではないかと恐れるように、素早くエネルギッシュに作業しました。画家が自然から働いていた場合、次のキャンバスを書く時間は数時間に収まります。完成や修正、構図や配色の変更が進んでいるとき、この絵の長い作業は断固として拒否されました。

提示された静物画は、ロシアの印象派のスタイルのマスターの作品の多くの傑作の1つです。花瓶のテーブルの上には花束があります。どうやら、花はずっと前に集められて、少し崩れました-それゆえ、静物画の下部にある素晴らしい色の混合。

豪華な花のコレクションでは、画家に特に愛されているバラがよりはっきりと描かれています。近所に半分開いた白ピンクのつぼみがあり、紫色の親戚が生け花の中心を占めています。

左側には、小さなバスケットまたは花瓶の半楕円形のハンドルが見えます。花びらで覆われ、観客の目から隠されていました。

色の微妙な変化を表現し、光と影の息をのむような微妙な遊びを表現することを可能にしたのはレイヤー化でした。絵のメインの明るい色合いは、すべての征服の始まりであるすべての色で人生の喜びを祝う、明るく明るい日の雰囲気を作り出します。

キャンバスは、力強い内面の陽気さ、花の楽しい美しさの前で永続的な喜びの驚くべき感覚で喜びます。

画家は自分でペイントする必要がないことをアーティストは常に強調してきましたが、世界の美しさを見ることができる人は、色調と色合いの絶え間ない変化に感心してください。才能のこの寛大さ、感情の豊かさのために、コンスタンチンコロビンの静物は世界中の芸術愛好家に高く評価されています。





説明写真バスケットのコンチャロフスキーライラック


ビデオを見る: Eng sub How to paint Still Life - White pitcher. 5MIN Watercolor Tips 水彩画の基本白い壺を描くコツ 5分講座 (六月 2022).