絵画

アートワークの説明Andrei Rublev Savior Almighty

アートワークの説明Andrei Rublev Savior Almighty


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

アイコンの画像は部分的に保存されていますが、これはそれを見る人が得る効果を損なうものではありません。この傑作の最も驚くべき機能は、アイコンの表示と相互作用する画像の特定の内部ダイナミクスです。

あなたがこの素晴らしい創造物の前に立っていても、この素晴らしい傑作の鑑賞者-全能の救い主の目は常に鑑賞者を見て存在の効果を生み出します。これは、全能者が至る所に、すべてに存在し、意識の最も遠い隅に隠されたすべての考えを知っているという知識を確認します。この洞察に満ちた外観は、それ自体、過去に起こったすべての知識、現在何が起こっているか、そして将来何が起こるかについての知識を持っています。

これらの目からの光の流れは、魂の痛みを癒し、頭の混乱と不安を取り除きます。それは、いわば、すべてにおいて普遍的な穏やかで絶対的な存在の具現化です。全能の救い主のこの画像を見ると、許しとすべてを包括する愛についての言葉が自分で思い浮かびます。

アイコンに描かれている全能のアイコンの顔の特徴には特別な注意が必要です。彼らはロシア人です。ルブレフは救い主の顔をロシア化しました。ルブレフの作品が登場するまで、ビザンチン様式の絵が主流でした。また、ルブレフの前には、全能者の恐ろしくて怒っているイメージが優勢でした。

神の言及と追悼の場にいた人は、神の怒り、したがって神の罰を恐れていたはずです。すべての宗教は罪に対する罰の恐れに基づいていました。そして、この顔はすべて親切とケアのエネルギーに満ちています。起こっているすべてのことの許しと受け入れを放射し始めたのは、ルブレフのアイコンでした。

全能者は人間のイメージに近づき、そのためにそれはより明確になり、恐れや崇拝の要件を持たなくなり始めましたが、それはすべてを包含する愛、優しさ、思いやりの擬人化となりました。

画像の色域全体が落ち着きと暖かさをもたらします。とても暖かい色合いが暖かさと静けさの効果を生み出し、蜂蜜の輝きが甘さと安らぎの感覚を与えます。

この絵の印象は宗教の主な目的を持っています-神に来る人はまず心の安らぎ、心の愛、頭の優しさを受け取るべきです。優しさと愛をもって、全能の救い主に心を向けた癒された魂になります。





Pablo Picassoチューブボーイ


ビデオを見る: Andrei Rublev 1966 - dir. Andrei Tarkovsky - ending (かもしれません 2022).